国家公務員1種

ほかの公務員に比べて非常に難易度の高い公務員試験となり、かなりの勉強量や対策が必要になります。倍率も高いので、効率的に対策し、どう有利に進めるかを考える必要があるでしょう。できるだけそれ専門に対策している学校に通うことをお勧めします。

勉強には時間がかかりますが、合格すればその分好待遇が待っています。大学卒業程度の学力があり、33歳未満であれば受けることができますが、地方などと違ってこれ以上の年齢を認めていません。

試験にはかなり幅広い科目が必要となります。時事や文章理解などの一般的な学力試験だけでなく、専門試験もかなりあるので、計画的に勉強しなければなりません。合格率は10%を切っているほどの高度な試験となっています。

これだけの勉強量をこなすには、勉強内容の取捨選択が必要となります。できるだけ不要な部分をカットするためにも、専門学校で各専門講師の意見を仰ぎましょう。

また、面接試験があることも忘れてはいけません。できるだけスムーズにこたえられるように、模擬面接などを行ってもらいましょう。せっかく筆記試験に合格しても、ここで落ちてしまってはもったいないことになってしまいます。

国家公務員1種は大変難しく、勉強の仕方にもどうしても工夫が必要になります。このあたりのノウハウを網羅している専門学校は、強い味方になってくれるはずです。